ユーザ用ツール

サイト用ツール


親子丼


no way to compare when less than two revisions

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。


親子丼 [2021/10/05 20:46] (現在) – 作成 moepapa
行 1: 行 1:
 +====== 親子丼 ======
  
 +日本人の好きな丼物のド定番ですね。
 +家でもお店でもよく作られます。
 +
 +{{:250px-oyakodon_003.jpg?400|}}
 +
 +親子丼(おやこどん、おやこどんぶり、英語: Chicken and Egg Bowl)は、割下などで煮た鶏肉を溶き卵でとじ、飯の上に乗せた丼物の一種である。「親子」という名称は鶏の肉と卵を使うことに由来する。
 +
 +<html>
 +<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">親子丼、とろとろで<br>美味しい☺️✨ <a href="https://t.co/RnAAMmAgVB">pic.twitter.com/RnAAMmAgVB</a></p>&mdash; 𝕄𝔸𝕂𝕀 🌹 (@makimakimaki813) <a href="https://twitter.com/makimakimaki813/status/1445233431764344839?ref_src=twsrc%5Etfw">October 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
 +</html>
 +
 +ネギやタマネギなどと共に煮て、彩りとしてミツバやグリーンピース、刻み海苔などを飾ることが多い。
 +鶏肉と鶏卵以外を材料とする丼の中にも「親子丼」と称する料理がある。
 +
 +<html>
 +<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4WJS7iYZ3a8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
 +</html>
 +
 +<h2>バリエーション</h2>
 +・親子丼の具材をかけうどんに乗せたものを「親子うどん」という。
 +・鴨肉を卵でとじた「鴨の親子丼」を販売している店もある。関西ではこれを「いとこ丼」と呼ぶ店もある。
 +・丼飯にサケの切り身を焼いたものや、刺身または鮭フレークとイクラをのせたものを「鮭親子丼」「海鮮親子丼」と呼ぶ事がある。
 +・漫画『築地魚河岸三代目』にはニシンとカズノコの親子丼が登場する。
 +・宮崎県では鶏肉、タマネギ、干しシイタケ、ニンジン、ダイコンと溶き卵を煮込んだスープを、丼飯の上にかけた物を親子丼と呼ぶ。
 +・鶏卵で綴じたチキンカツを具とするカツ丼を「親子カツ丼」という。
 +
 +<html>
 +<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/04e_SE6E9tI" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
 +</html>
 +
 +===== 参考 =====
 +
 +https://matome.arrowpex.jp/matome/view/137
 +https://donmono.pcspeedy.tk/archives/12783947.html


親子丼.txt · 最終更新: 2021/10/05 20:46 by moepapa

特に明示されていない限り、本Wikiの内容は次のライセンスに従います: CC Attribution-Share Alike 4.0 International
CC Attribution-Share Alike 4.0 International Donate Powered by PHP Valid HTML5 Valid CSS Driven by DokuWiki