ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

トップ

丼物とは

和食

洋食

中華

エスニック

珍しい

サブコンテンツ

リンクについて

リンク集



sidebar

パクチー丼


パクチー丼

パクチー丼とは、なかなか日本以外では珍しい丼物ですが、
日本人には人気なので誕生した、エスニック食材を活かした丼物です。

と言っても、パクチーはハーブで、メインのおかずにはなりませんので、パクチーだけをどっさり乗せた丼にしてどうぞ、ではなく、何かしろの具材と合わせることが多いですが、
国内のエスニックのお店の多くでは、鶏肉やひき肉とあわせているところが多いです。

低カロリーに蒸した鶏むね肉を細切りにして、刻んだパクチーをまぶし、
エスニックの各種調味料で味付けたものをご飯に乗せ、エスニック丼とするのが定番です。

もしくは、甘辛く炒めたひき肉と混ぜるなども。

好みにもよりますが、
パクチー&エスニック好きにはたまらない料理ですね。

パクチーとは

コリアンダー(英: coriander; 学名: Coriandrum sativum)は、セリ科コエンドロ属の一年草である。日本には10世紀ごろに渡来した。日本においては、英語由来のコリアンダーのほか、和名のコエンドロ(胡荽)、タイ語由来のパクチー、中国語由来のシャンツァイ(香菜)などで呼ばれる。古くから各地で食用(野菜および香辛料)とされている。

コリアンダーは料理にも薬にも用いられている重要なハーブとして知られ、アジア、インド、メキシコ、アメリカ合衆国テキサス州、中国、アフリカ、南米、スカンジナビアなど、世界中の様々な地域の料理で使われる。種・葉・茎・根が利用され、新鮮な葉と乾燥した種子が料理で最も伝統的に使われる部分である。風味は、葉・茎・根・未熟果にクセのある強い香り、熟した果実には柑橘類様の甘いスパイシーな香りがある。

中華料理、タイ料理、インド料理、ベトナム料理、メキシコ料理、ポルトガル料理などに広く用いられ、葉・茎・根はタイやベトナム料理には欠かせないハーブで、消化促進効果があるといわれている。また甘い香りの種子は、幅広い料理に使われ、カレー粉、チリパウダー、ガラムマサラ、ベルベルなどのブレンドスパイスにも使われている。特に合わせると相性が良いと言われている食材に、レンズマメなどの豆類、タマネギ、ジャガイモ、ソーセージ、豚肉、シーフード、仔羊のシチュー、ペストリーが挙げられている。


参考


パクチー丼.txt · 最終更新: 2022/03/04 11:29 by moepapa