ユーザ用ツール

サイト用ツール


他人丼


他人丼

肉と卵を使った丼物ながら、肉が鶏肉でないため、関係が無いとして、名付けられた、他人丼です。
名称としては出さずとも、お店でも家庭料理でも、肉と卵を使って具を作って丼ものを作ることは多々あり、
結果的に他人丼になることはよくあります。

他人丼(たにんどん、たにんどんぶり)とは、鶏肉以外の肉(牛肉や豚肉など)をタマネギなどと一緒に割下で煮て、鶏卵でとじて飯の上に乗せた日本発祥の丼物(米飯料理)である。継子丼(ままこどん、ままこどんぶり)とも言う。

牛肉を用いたものは牛とじ丼とも呼ばれる。親子丼が肉、玉子ともに鶏を使用し親と子に見立てて由来されたのに対し、他人丼は別の種を使用していることに由来する。

「他人丼」と呼ぶ料理は、鶏卵の親である「鶏」以外の肉(牛肉や豚肉など)を使用した卵とじの丼ものを指す。牛肉・豚肉を使用したものを「開化丼」と(主に関東地域では)呼称することがあり、これは明治初年に始まった文明開化の象徴となる畜肉料理であったからといわれている。なか卯では2015年頃から取り扱われているが、豚生姜丼という名で呼ばれている。

主として西日本で使用される名称で、基本的に牛肉が用いられる。関東地方では牛肉や豚肉を使用した同種の料理を「開化丼」と呼称する。これは明治初年に始まった文明開化の象徴となる畜肉料理であったからといわれている。なか卯では2015年頃から取り扱われているが、豚生姜丼という名で呼ばれている。類似として麺類で他人うどんや他人蕎麦を取り扱う飲食店も存在する。

親子丼などで、鶏肉と卵の相性が抜群なのはもちろんのことですが、意外と鶏以外の肉類も、鶏卵とは相性抜群です。
すき焼きのように生卵と牛肉の組み合わせでおいしくなる料理もありますし、もちろん生でなく、火を通してもおいしいのはもちろんのことです。

肉と卵があれば作れるので、家庭でもオススメの丼物のひとつになりますね。


/export/cgi/jp/x/e/don.arrowpex/data/pages/他人丼.txt · 最終更新: 2024/05/13 08:53 by moepapa